1980年代の、森永ガンダムなどの食玩・ガチャポン。

スポンサード リンク

「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」のパッケージ(外箱)

「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」のパッケージ(外箱)01

2008年12月に発売された、バンダイの食玩「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」のパッケージ(外箱)です。

ネット通販で箱買いしたため、商品はこの箱ごと送られてきました。


「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」のパッケージ(外箱)02

別角度。

外箱の印刷は、モノクロになっています。


「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」のパッケージ(外箱)上面

外箱の上面。

00ガンダムのイラストがメインとなっています。

最初にこのパッケージを見たとき、プラモデルのパッケージのようで、正直かっこいいので驚きました。

(まあ実質的に、ほとんどプラモデルみたいなものですが。)


「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」のパッケージ(外箱)側面02

外箱の側面を、順番に見てみます。

4体のガンダムの写真が掲載されています。

また、この面は(店頭に置いたときの)正面となる面です。


「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」のパッケージ(外箱)側面03

次の面。

今度は、ケルディムガンダムとアリオスガンダムです。

私は試していませんが、切り取り線部分をグルッと取り除くと、店頭での設置用に、箱の上部を外した状態になるようです。


「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」のパッケージ(外箱)側面04

この面は、店頭設置時には後ろ側(お客に見えない面)となるためか、バーコード等の表示があります。

対象年齢と陳列推奨位置が表示されているのが、食玩の箱買いが初めての私には新鮮でした。


「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」のパッケージ(外箱)側面01

最後の面。

00ガンダムとセラヴィーガンダムの商品画像、そして各パイロットのイラストが。

ちなみにこの面は、外箱を上面から見た際の「右側」に位置する面です。

もう一つちなみに、箱の下面には特に記述も何もないので、掲載は割愛しています。

「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」の外箱を開けてみた

外箱を開けてみました。

この食玩「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」では、5種類のガンダムがラインナップされており、1箱には個別商品が10個入っています。

私が購入したものでは、ノーマルの00ガンダムが3体・トランザム状態の00ガンダムが1体、あとの3種類のガンダムは、各2個づつ入っていました。

バランスの良い入り方で、1箱で全種類が揃い、一安心です。

ちなみに、トランザムモードの00ガンダムが、一応シークレット品ということのようです。


このページ「「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」のパッケージ」のトップへ戻る

個別パッケージ(00ガンダム)

個別の箱・00ガンダム

商品個別の箱を、一つづつ見てみます。

まずは、やはり主人公MSということで、00ガンダムを。

食玩を買うのはずいぶん久しぶりですが、この「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」では、種類ごとにちゃんと違うパッケージが用意されているのが、凄いと思いました。

(殆どプラモデルでは?)


00ガンダムの箱・正面

箱の正面、メインとなる面です。

この食玩「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」は、定価だと1個500円ぐらいなので、私が昔から持っているイメージからすると、食玩としては高い価格帯な気がします・・・が、そのためかパッケージも凝っているように感じられます。


00ガンダムの箱・上面

箱の上面。

パッケージはかっこいいですが、開けるための切取り部分が入っているのは、やっぱり食玩らしさを感じさせてくれます。


00ガンダムの箱・後面

箱の後ろの面。

組立てが簡単な点や、ポーズの自由度が高い点など、商品の解説が掲載されています。

また、「さあ!次はガンプラだ!」と、バンダイのHGシリーズの紹介もちゃっかりと載っています。

・・・しかし意外にも、この「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」のパッケージでは、外箱・個別の箱の両方とも、ガンダムのパイロット(刹那・F・セイエイ等)の名前はどこにも記載されていません。


00ガンダムの箱・側面01

箱の側面。

シリーズの他のラインナップのパッケージイラストが掲載されています。

この面のイラストは、ラインナップごとに、箱前面の絵とローテーションで入れ替わっているようです。


00ガンダムの箱・側面02

もう一方の側面。

商品の注意書きなどが載っています。

この商品の対象年齢が「8歳以上」であることを、この面を見て初めて知りました。


00ガンダムの箱・下面

箱の下面です。

この商品の名称は「チューイングガム(ソーダ味)」とのこと。

しかし実質的には・・・と指摘するのは、野暮というものでしょうか。


このページ「「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」のパッケージ」のトップへ戻る

個別の箱を開けてみる

00ガンダムの箱を開ける

個別の箱を、いよいよ開けてみます。

箱上面のミシン目を切り取って開けてみると、「01」の文字が。


00ガンダムの中身

00ガンダムの中身。

袋に入ったプラモデルのパーツ(ランナー)とシール、そしてちっこいガムが入っていました。

これでも商品名が「チューイングガム」というところが、まさに食玩という感じで、非常にグッドです。


箱の切り取り線

しかし、説明書は同封されておらず、どこにあるのか?

・・・と思っていたら、実は箱の一辺に切り取り線があり、「ここから切り取ってください」の表記が。

(右画像での、箱の左辺に切り取り線)


組立て説明書

組立て説明書は、箱の裏側に印刷されていました。

資源を無駄にしないという配慮でしょうか?

ちなみによく見ると、「機動戦士ガンダム00」と「機動戦士Zガンダム」のテレビ放映情報(ZガンダムはBS)も掲載されています。


スポンサード リンク

このページ「「ACTION MODELS 機動戦士ガンダム00」のパッケージ」のトップへ戻る