(スポンサード リンク)

正面

ガンダムMkU_あおり正面

掲載品の大きさは、全高約60mm(※頭頂部まで)・肩幅約38mmで、森永チョコスナック等のおまけよりも、一回り大きいです。

また、これは200円ガチャガチャシリーズを通しての特徴でもありますが、全体的に骨太で、カッチリとしたフォルム・造形が印象的です。


トップに戻る

斜め前後

ガンダムMkU_あおり右前方からガンダムMkU_あおり左後方から

本体は勿論、シールドや背面のバックパック等も、良く作られていると思います。

ちなみにバックパック下部のノズルは、左右各1つづつの別パーツになっています。

トップに戻る

8方向

ガンダムMkU_見下ろし正面からガンダムMkU_見下ろし右前方から

ガンダムMkU_見下ろし右からガンダムMkU_見下ろし右後方から

ガンダムMkU_見下ろし後ろからガンダムMkU_見下ろし左後方から

ガンダムMkU_見下ろし左からガンダムMkU_見下ろし左前方から

この顔の造形が設定に忠実かどうかは不明ですが、個人的には非常にカッコ良くて気に入っています。

また全身も、多数の平面で構成されたフォルムに美しさを感じます。

トップに戻る

各種ポーズ

ガンダムMkU_歩き

バンダイ200円ガチャガチャ版全ての特徴ですが、このガンダムMkUも膝関節が可動します。

箱型になっている股関節周囲の構造上、太腿の前後方向の可動域は限られますが、膝関節が動くおかげで、歩きポーズにもそれなりに格好がつけられます。


ガンダムMkU_攻撃ポーズっぽく

また腕は前後方向のみでなく、肩ブロック内部で左右方向にも可動します。

シールドも、腕側の円筒形状の軸に取り付ける形式なので、一応基部での回転が可能です。

これで武器があれば、もっとサマになったと思いますが、残念ながらこの製品には付属していません。


ガンダムMkU_股関節の軸

実は掲載品は一度、股関節の軸パーツが破損したため、私がダブって所持していた他のシリーズ(恐らく100式)から、部品取りして交換しています。(写真の白いパーツがそれ)

私は当時、このガンダムMkUは1つしか当てることが出来ず、他方で百式は当たりやすかったので、その百式のパーツがピッタリと合ったことに安堵した記憶があります。


ガンダムマークU_200円ガチャ版と比較・正面

チョコスナック版と並べたところ。


トップに戻る


(スポンサード リンク)