(スポンサード リンク)

正面

ガルバルディβ_あおり正面

このガルバルディβは、地球連邦軍が一年戦争終結後に接収したジオン軍のモビルスーツを元に開発した、という設定とのこと。

そのためか下腿部は曲線的ですが、全体としてはかなり直線・平面が多いです。


トップに戻る

斜め前後

ガルバルディβ_あおり右前方からガルバルディβ_あおり左後方から

ガンダムMkUには無かった)ビームライフルがちゃんと付属しているのは、嬉しいところです。

またパッと見では判り難いですが、大腿パーツは内股側が大きく肉抜きされています。

トップに戻る

8方向

ガルバルディβ_見下ろし正面からガルバルディβ_見下ろし右前方から

ガルバルディβ_見下ろし右からガルバルディβ_見下ろし右後方から

ガルバルディβ_見下ろし後ろからガルバルディβ_見下ろし左後方から

ガルバルディβ_見下ろし左からガルバルディβ_見下ろし左前方から

子供時代はあまり魅力を感じていませんでしたが、今になって見ると、平面が多用された造形と全体的なバランスに、ある種の美しさを感じます。

トップに戻る

各種ポーズ

この200円ガチャガチャ版の稼動箇所は、腕の前後スイング・横方向への開き、脚の前後スイングと膝関節、そして頭の左右スイングと、シリーズの基本的な特徴に則るものです。

この手の製品では通常、関節の構造が頼りないものですが、本シリーズは全体的にしっかりしていて動かしやすく、特に腕は横に大きく上げることができます。

ガルバルディβ_歩きながらライフル構えガルバルディβ_真横に銃を構える

またこのガルバルディβでは、下腿部の内側に、版権やメーカーの刻印があるのがユニークです。

具体的には、左下腿部には「マルC創通・NS」、右下腿部には「BANDAI」の刻印がされています。

(シリーズの他の製品には、同様の刻印は見当たらない)

ガルバルディβ_左下腿部内側の刻印ガルバルディβ_右下腿部内側の刻印


トップに戻る

よもやま話

私が昔200円ガチャガチャを購入していたときは、このガルバルディβが(ハイザックやパート2の100式とともに)良く当たっていた記憶があります。

そのため正直、当時はガルバルディβには鬱陶しさを感じていた部分があります。(なんでガンダムMkUが出ないんだ、とか)

しかし今になって改めて見ると、小さいながらも非常にシャープでしっかりとした作りに、バランス良いフォルムと、200円ガチャガチャ版プラモデルの良い点が全て、はっきりと感じられる一品だと思います。

トップに戻る


(スポンサード リンク)