(スポンサード リンク)

正面

アローン_あおり正面

掲載品の大きさは、全高約5cm・肩幅:約4cm。

同じB級ヘビーメタルのグライアと同じく、如何にもメカっぽい無骨なフォルムが、しっかりと再現されています。

ちなみに眼の周囲の窪みは、私が子供の頃に、極細マジックで黒く塗ったものです。(元から黒いわけではない)


トップに戻る

斜め前後

パーツが全体的に大きいためか、前腕の裏側には、かなり思い切った肉抜きがあります。

アローン_あおり右前方からアローン_あおり左後方から

トップに戻る

8方向

無骨な中にも、丸い曲面で構成された肩ブロックや大腿上部、また小さい頭と顔?には、何か親しみやすさが感られます。

アローン_見下ろし正面からアローン_見下ろし右前方から

アローン_見下ろし右からアローン_見下ろし右後方から

アローン_見下ろし後ろからアローン_見下ろし左後方から

アローン_見下ろし左からアローン_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ等

アローン_歩き

食玩版アローンの可動箇所は、両脚付け根・両腕付け根・頭部と、他のシリーズと同様です。

ただし本品では、首周りの形状・構造上、頭の動く範囲は非常に小さいです。


アローン_前後開脚

一方脚については、股関節周りに邪魔をするものが無いため、このような前後の大開脚もできます。
(※実は、グライアでも同様の開脚が可能)

A級ヘビーメタルのほうでは無理なポーズを、B級の方ではこなせる、というのは非常に面白いです。


アローン_エルガイムMkT、オージェと比較

同シリーズのエルガイムMkTオージェと並べてみると、スタイルの違いが明確です。

ただ各ヘビーメタルの登頂高は、設定では

  • アローン:15.2m
  • エルガイムMkT:20.7m
  • オージェ:20m

とのことで[1]、明らかにアローンが小さい(他のHMの3/4ぐらい)はずですが、この食玩版では、そのような身長差は再現されておらず、これは使用するプラスチックの量に差をつけないための措置だと想像します。


※参考サイト:

[1]重戦機エルガイム(Wikipedia)

トップに戻る


(スポンサード リンク)