リスト

よもやま話

当サイトに掲載しているエルガイムの食玩プラモデルは、私が小学生の頃(1980年代)に購入していたものです。

ただ、コンビニでも売られていたガンダムチョコスナックと違い、こちらは取り扱っていた店が殆ど無く、私は家から数kmの距離にある生協でたまたま発見し、機会をみてはコツコツ買っていたことを記憶しています。

かなり気に入っていたシリーズだったにも関わらず、残念ながら(何故か)箱や説明書は一切保管しておらず、


  • どんなパッケージだったのか
  • 何のお菓子が付いていたのか
  • どんなラインナップだったのか
  • どのメーカーが発売していたのか
  • 価格は幾らだったのか

といった点は、今では殆ど思い出すことができませんが、一方でお菓子は少なくともチョコではなかった(そんなに食べ応えのあるものではなかった)ことは、うっすら覚えています。


それから約20年が経った当サイトの作成時に調べたところ、掲示板の書き込みではありますが、


  • エルガイムのミニプラモデル入りチョコスナックは、ガンダムと同じく森永から発売されていたが、「グリコ・森永事件」のせいで販売中止になり、後にバンダイが2個1セットで、ラムネ入りで発売した。[1]
  • 同事件では、「エルガイムチョコ」に青酸ソーダ(シアン化ナトリウム)が入れられた。[2]

との情報がありました。

ただしエルガイムチョコは、チョコスナック(プラモデル付き)と板チョコ(カード付き)の2種類があったようで、どちらが青酸ソーダが入れられた商品かは不明です。
(※板チョコ商品については、私はアニメ放映時のCMで、青っぽい色の包装のものを見た記憶があります)


それらの毒物混入に関しては、結局より詳細な情報を見つけられませんでしたが、時系列は


  • アニメ「重戦記エルガイム」の放映開始:1984年2月4日[3]
  • 「グリコ・森永事件」での森永製菓への脅迫状送付:1984年9月18日[4]

であり、そこからオリジナルの「エルガイムチョコ」の販売時期は、ある程度推測できると思います。

ただその後に、メーカーを変更して再発売が実現したにしろ、私が子供時代に感じた販売ルートの狭さを含めて、エルガイムの食玩プラモデルは、不遇な運命を辿ったものと思われます。

当サイトでそれらの食玩が、少しでも日の目を見ることができれば、と思うものです。


参考資料:

[1]発売中止・シリーズ中断に泣いた模型は?(2ちゃんねる過去ログ)
http://mentai.2ch.net/mokei/kako/972/972095320.html
[2]「タマモのFSSフリーク堂」さん内の掲示板過去ログ
http://www5d.biglobe.ne.jp/~fssfreak/bbslog/1999/BBSLOG9904-2.txt
[3]重戦機エルガイム(ウィキペディア)
[4]グリコ・森永事件(同上)

トップに戻る


(スポンサード リンク)