(スポンサード リンク)

正面

エルガイムMkT_あおり正面

大きさ的には、森永ガンダムチョコスナックのおまけとほぼ同等ですが、頭の小ささ等、身体のバランスはかなり異なります。

右腕にはパワーランチャーが造形されている(腕と一体パーツ)だけに、特徴なシールドが付属していないのは、非常に残念です。


トップに戻る

斜め前後

腕パーツは一体成型のため、後ろ側を見ると肉抜きが目立ちます。

流石に背面には、ランドブースターは付属していません。

エルガイムMkT_あおり右前方からエルガイムMkT_あおり左後方から

トップに戻る

8方向

エルガイムMkTの踵部分は、原作では2本爪のような形状でしたが、本品では小さい食玩プラモデルの都合なのか、踵は板状の造形になっています。

エルガイムMkT_見下ろし正面からエルガイムMkT_見下ろし右前方から

エルガイムMkT_見下ろし右からエルガイムMkT_見下ろし右後方から

エルガイムMkT_見下ろし後ろからエルガイムMkT_見下ろし左後方から

エルガイムMkT_見下ろし左からエルガイムMkT_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

エルガイムMkT_歩きポーズ

可動箇所は、腕と脚の前後方向のスイング、また頭の左右回転と、森永ガンダムチョコスナックと同様のものです。

しかしこのエルガイムでは、腰の後ろに付いている装甲により、脚を後ろ側に動かすことが殆どできなくなっています。(※前方へは大きく脚を振り出せる)

加えて、足の形状が前後に長いため、歩きポーズを安定してとらせるのは難しいです。


トップに戻る

よもやま話

個人的には頭部(顔)が、原作アニメに登場したエルガイムMkTとイメージが異なる気がして違和感があるものの、全体としてはフォルム・造形は気に入っています。

また成形色も上手い具合に白ですが、この食玩版では他にも、ワークス(オレンジ色)・グライアアローン(黄緑色)・バッシュ(濃紺)と、原作のカラーに合う成形色になっており、これらはメーカーが意図的に合わせたものかもしれません。(私の購入数が少なく、またネット上でも情報が見当たらないので、断定はできませんが)

顔以外ではシールド等が無い点も物足りないですが、子供時代の私にとっては貴重なエルガイムの「プラモデル」であり、そして今でも気に入っている一品であることは間違いないものです。

ちなみに、掲載品の目の部分に黒っぽい汚れがあるのは、私が子供のころに水性マジックペンで塗った跡を、写真撮影時に擦り落としたものの残りです。(水性なので乾いてパリパリになっていたが、綺麗に落としきれなかった)

トップに戻る


(スポンサード リンク)