(スポンサード リンク)

正面

エルガイムMkU_あおり正面

本ページ掲載品の大きさは、高さ約56mm(足裏〜頭頂部まで)・肩幅約29mmというところです。

このエルガイムのシリーズは、原作のデザインを反映してか、ガンダムチョコスナックのおまけよりも総じて頭が小さめです。

そのため、全体としてのバランスは良い反面、顔のモールドが分かりづらくなっています。

ちなみに、掲載品の所々に黒く色がついているのは、私が子供のときに、黒マジックで中途半端に色を塗ったものです。(見苦しくてすみません)


トップに戻る

斜め前後

流石に飛行形態(プローラー)への変形はできず、また踵部分は(MkTと同じく)造形が簡略化されています。

しかし一方で、MkTには付いていなかったシールド、そしてアニメ放映当時にインパクトがあったバスターランチャーがちゃんと付属しているのは、嬉しいところです。

エルガイムMkU_あおり右前方からエルガイムMkU_あおり左後方から

トップに戻る

8方向

バスターランチャーの手持ち用の軸は、本来はもっと手の穴の奥まで差し込めます。

しかし掲載品では、軸の磨耗を防ぐためにテープを被せており(※子供時代の私の仕業)、軸が少し太くなっているため、これ以上奥まで差し込むことが出来なくなっています。

エルガイムMkU_見下ろし正面からエルガイムMkU_見下ろし右前方から

エルガイムMkU_見下ろし右からエルガイムMkU_見下ろし右後方から

エルガイムMkU_見下ろし後ろからエルガイムMkU_見下ろし左後方から

エルガイムMkU_見下ろし左からエルガイムMkU_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

エルガイムMkU_歩き

可動部分は両脚付け根・・両腕付け根・頭と、昔のおまけプラモデルとしての基本的なものです。

ただしこのエルガイムMkUも(他のHMと同じく)足が前後に長いため、歩きポーズを上手く取らせるのは難しくなっています。


エルガイムMkU_バスターランチャーを構える

バスターランチャーを構えたつもり・・・ですが、普通の銃と同じような構えにしかなりませんでした。

腰を落とした、かっこいい構えができたら良かったですが、身長10cmにも満たない昔の食玩プラモデルにそれを望むのは、無茶というものかもしれません。


トップに戻る

よもやま話

私は小学生の頃、原作アニメの雰囲気から、エルガイムのプラモデルには「高級品で高嶺の花」というイメージを持っていました。

特に二代目主人公機のエルガイムMkUについては、変形機構やボリューム感から、漠然と「(バンダイ製プラモを)手に入れることは無理」と思い込んでいたので、本ページの掲載品は大幅にチープな食玩版とはいえ、格別に印象深いものです。

ただ、武器やシールド、背中のパーツを再現しているためか、身体自体は細身で華奢なので、(自分ながら)壊れずに良く残っていたものだと思います。

トップに戻る


(スポンサード リンク)