(スポンサード リンク)

正面

ゾゴック_あおり正面

掲載品の左足が傷んでいますが、これは私が子供時代に(友人との交換で)入手した際、元々破損していたのを直そうとして上手く直せなかった跡・・・だったと思います。


トップに戻る

斜め前後

ゾゴック_あおり右前方からゾゴック_あおり左後方から

サイズは身長約40mm・肩幅約25mmと、かなり小さいです。

パーツ数は、(自分で組み立てたわけではないので)正確には確認していませんが、見る限りでは5つ。

体幹部〜脚は一体になっており、前後2パーツを貼り合わせる形式です。

そのため脚部は可動しませんが、動かないぶんチョコスナック版と異なり、非常に安定して立たせることができます。

両腕は各々、元から一体成形のパーツであり、前腕の後ろ側には円筒形状の肉抜きがあります。

またバックパックは、体幹部とは別パーツになっています。

トップに戻る

8方向

昔の食玩プラモデルなだけに、小さくてチープなことはチープですが、その中でも上手く作られている一品だと思います。

この手軽さと出来には、今見ても収集欲をそそられます。

ゾゴック_見下ろし正面からゾゴック_見下ろし右前方から

ゾゴック_見下ろし右からゾゴック_見下ろし右後方から

ゾゴック_見下ろし後ろからゾゴック_見下ろし左後方から

ゾゴック_見下ろし左からゾゴック_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

ゾゴック_右腕振り上げ

先述の通りパーツ数が少ないので、可動箇所も両腕付け根の2箇所のみです。

しかし、実はこのキャラメル版のゾゴックは、両腕のうち右腕のみの前腕が、伸びた状態の造形になっています。(正直、当ページの作成中に初めて気付いた)

このような細かいこだわりを見つけるのは、昔の食玩の楽しみの一つかもしれません。


ゾゴック_チョコ版との比較・正面

チョコスナック版と並べてみました。

大きさは当然違いますが、各部のフォルム等、単なる相似形にはなっていないことが見て取れます。


ゾゴック_チョコ版との比較・背面

背中側を比較。

基本的な構成は同じですが、バックパックの細部の造形に、明らかな違いがみられます。


トップに戻る

よもやま話

実は本ページの掲載品も(ゴッグと同じく)、本当に森永ガンダムキャラメルのおまけなのか、正確には確認していません。

入手時の記憶はもうおぼろげですが、キャラメルを購入して当てたものではなく、確か小学生時代に、友人と交換して手に入れたものだと思います。

そのため説明書(組立図)も無く、その点も出自の確認の妨げになっています。(現在ネットで調べても、情報が見当たらなかった)

ただ、私が持っている他のキャラメル版おまけと比べると、雰囲気(サイズ、ディティール)的に非常に共通していると感じるので、森永ガンダムキャラメル版として掲載しています。

トップに戻る


(スポンサード リンク)