正面

シャア専用ザク_あおり正面

脚の構造は、左右の脚が腰の中でつながって1パーツになっている「逆Uの字」タイプです。(※私が勝手に命名)

その脚パーツは、前後2パーツを組み合わせる形式ですが、足裏がちゃんと平面になっておらず、写真では安定して立たせるために、踵に紙を噛ませています。

またこのシャアザクは、シリーズ初期の製品のためか、正面から見ると、脚の付け根がちょっと外に出すぎている(下がりすぎている)気がします。


トップに戻る

斜め前後

このシャアザクは、本来はマシンガンが付属していたとのこと。
ただし左手の造形(原型が残っている裏側に穴がある)からすると、通常の右手ではなく、左手に持つタイプだったと思われます。

なぜ右手でないのか・・・は不明。

シャア専用ザク_あおり右前方からシャア専用ザク_あおり左後方から

トップに戻る

8方向から

プラパテがあちこちに付いているのは、私(子供時代)のヘボい修理作業のせいであり、汚くてすみません。(今やっても大して変わらない気もする)

それはさておき、顔はモノアイレール前面が円形ではなく、平らになっているため、ちょっとゴリラっぽい感じになっていて、若干の違和感があります。

しかし全体としては、シンプルなザクのフォルム・造形が、意外にうまくまとまっているとも感じます。

シャア専用ザク_見下ろし正面からシャア専用ザク_見下ろし右前方から

シャア専用ザク_見下ろし右からシャア専用ザク_見下ろし右後方から

シャア専用ザク_見下ろし後ろからシャア専用ザク_見下ろし左後方から

シャア専用ザク_見下ろし左からシャア専用ザク_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

シャア専用ザク_左肩で体当たりっぽくしようとしたが無理

ポーズをつけようと思いましたが、なにしろ脚が前後に動かないので、如何ともしようがありませんでした。

この可動箇所の少なさは、プラモデルというよりも文字通り「マスコット」という感じですが、それは最初期のシリーズならではかもしれません。


シャア専用ザク_握手ではなく右パンチ

その制約の中で、何とかパンチっぽいポーズを取らせてみました。

握手を求めているのではありません。

今更ながら、成形色が赤だったらもっとシャアザクらしい気がしますが、PART1の発売当時(復刻版ではない最初のもの)は、赤いプラスチックが採用されていなかった可能性があります。


トップに戻る

よもやま話

言わずと知れた「シャア専用ザク」(形式番号:MS-06S)の、森永ガンダムチョコスナック版おまけプラモデルです。

これは同シリーズの第1弾にラインナップされており、本来は武器としてマシンガンが付属しているとのこと。

しかし私は、これをリアルタイム・新品で入手したのではなく、当時の知り合いとの交換で手に入れており、その時点でマシンガンは付属していませんでした。

また、入手後に左手の前半分がバッキリ折れてどこかに行ってしまい、プラパテをそれなりに盛って済ませた、という体たらくです。
(あちこちに引っ付いているプラパテは、その際に付いたもの)

※参考サイト

トップに戻る

完品を入手(2016/6に追記)

シャア専用ザク_完品と並べる

2014年に、ある方からチョコスナックのモデルを多数譲っていただく機会がありました。

その中に、このシャアザクの完品もありましたが、当サイトには、約2年が経過してようやくの掲載となりました。

右写真の右側がそれですが、やはりマシンガンがあると、ビシッと決まります。


シャア専用ザク_マシンガンのアップ

マシンガンをアップ。

私は正直、正式な設定(形状など)は知りませんが、それは別としても、このおまけ版は小さいながら、意外に細かいところまでしっかり作られていることが感じられるのが、嬉しいところです。

もっとも子供が手にとって遊んだ際には、真っ先に壊したり無くしたりしそうですが(笑)


トップに戻る


(スポンサード リンク)