正面

ジュアッグ_あおり正面

アッグシリーズの1機種らしく、非常に独特な風貌ですが、同時にボリューム感もあります。


トップに戻る

斜め前後

ジュアッグ_あおり右前方から
ジュアッグ_あおり左後方から

いかにも重量感のある外観のモビルスーツですが、この森永チョコスナック版でも、それはしっかり再現されています。(勿論、実際に手にとると軽い)


トップに戻る

8方向

ジュアッグ_見下ろし正面から

チョコスナックのおまけの写真は、基本的に縦長画像で撮影することにしていますが、このジュアッグは横に長いため、本ページでは縦長と横長の画像が混ざり、画像の配置が乱雑にならざるを得ませんでした。


ジュアッグ_見下ろし右前方からジュアッグ_見下ろし右から

ジュアッグ_見下ろし右後方から

ボリュームのある機体のためか、後ろから見ると腕が大きく肉抜きされています。


ジュアッグ_見下ろし後方から

しかし、特徴的な両手のロケットランチャー部分は肉抜きされず、後ろ側もしっかり造形されています。

また、バックパックの造形(パイプ部分など)も凝っています。


ジュアッグ_見下ろし左後方からジュアッグ_見下ろし左から

ジュアッグ_見下ろし左前方から

このジュアッグはアッガイの試作案を転用して開発された・・・という設定だそうで、確かに頭部のキノコのような形状は、アッガイを連想させます。

ちなみに、本モデルの可動部分は腕の付け根のみ。

脚は胴体と一体構造になっていて動きませんが、そのぶん強度はしっかりしています。


トップに戻る

各種ポーズ

ジュアッグ_ロケットランチャー構え

両手のロケットランチャーを構えてみると、いかにも砲撃を行っている雰囲気が出ます。


ジュアッグ_両腕上げ

しかし両手を挙げると「参りました」という感じになり、やっぱりコミカルさがあります。


ジュアッグ_腕立て伏せはできません

腕立て伏せのポーズはできるか・・・と思いましたが、長い形状の鼻パーツは、うつ伏せにするとばっちり地面に当たって邪魔でした。

設定上、この鼻(?)にどのような機能があるのかが気になります。


トップに戻る

よもやま話

水陸両用モビルスーツ「アッグシリーズ」の一つ「ジュアッグ」の森永ガンダムチョコスナック版です。

ガンダムの水陸両用モビルスーツは、頭身が小さくユニーク(コミカル)なデザインが多いですが、その中でこのジュアッグは、重量感がある点で珍しいと思います。

また、両腕が3連装ロケットランチャーになっているのは、マクロスのデストロイドのように用途が特化された印象で、その点でも良い雰囲気を持ったMSという気がします。

本ページに掲載のプラモデルは、チョコスナックでは珍しい部類の赤い成型色ですが、確か(アッグガイと同様)1980年代の通常シリーズのリリース中に復刻版が発売されており、当時に購入してそれが当たったものと記憶しています。

トップに戻る

色違いを入手(2016/6/17)

ジュアッグ色違いと並べる

2014年にある方から、チョコスナックおまけの美品を多数譲っていただく機会がありました。

その中に、私の所有品とは成形色が異なるジュアッグがあったので、今回並べた写真を掲載してみました。

チョコレート色が非常に渋いですが、その頂き物たちは全てパート1〜3の範囲だったので、このチョコレート色ジュアッグも、私が持っていた復刻版ではなく、最初のリリース時のものだと思われます。


トップに戻る


(スポンサード リンク)