正面

ジオング_あおり正面

このチョコスナック版ジオングは、

  • 口部分の放射状の造形が省略されている
  • 頭の上部がバンダイ製プラモデルなどと比較すると平らすぎる
  • (小さいプラモデルのためか)ツノが太め

といった点が気になるものの、全体的にはカッチリ作られている印象です。


トップに戻る

斜め前後

私は子供の頃、ガンダムのアニメはそれほど熱心に見ていなかったので、このチョコスナック版を手にして初めて、スカート後部が尖っていることに気づいたものです。

ジオング_あおり右前方からジオング_あおり左後方から

トップに戻る

8方向

あらためて眺めると、ジオングはただ脚が無いというだけでなく、腰から下が非常に独特な形状をしていることを強く感じます。

ジオング_見下ろし正面からジオング_見下ろし右前方から

ジオング_見下ろし右からジオング_見下ろし右後方から

ジオング_見下ろし後ろからジオング_見下ろし左後方から

ジオング_見下ろし左からジオング_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

ジオング_構え

チョコスナック版ジオングの可動箇所は、腕の前後方向のスイングと頭の左右方向のスイングのみです。

それでも造形がきちんとしているためか、特に物足りなさは感じません。


ジオング_スカート裏側

スカート裏側のノズル部分も、きちんと単独パーツとして造形されています。

ちなみに本来の(バンダイ製)プラモデルの写真を見ると、スカート下端が正面から見て若干Vの字になっていますが、この森永チョコスナック版では簡略化のためか、スカート下端が一平面上に納まっています。

ただその分、平らな台などにピタッと安定して置くことができます。


トップに戻る

よもやま話

「起動戦士ガンダム」の終盤でガンダムと死闘を繰り広げたモビルスーツ「ジオング」の、森永ガンダムチョコスナック版です。

本ページ掲載モデルの入手経路は、私が子供時代にチョコスナックを買って直接当てたもので、(お菓子のおまけとはいえ)最終ボス的なMSのプラモデルが手に入ったのが嬉しかった記憶があります。

ジオングは、脚が無いことや頭部左右に出たツノ、前腕・手の形状など、非常に独特なフォルムを持ったモビルスーツですが、もちろんチョコスナックのおまけプラモデルでも、(細部は異なるものの)しっかりとそれらの点が表現されていると感じます。

また脚部が無い分、腰のスカート部分は、同じチョコスナックの他のMSとは比較にならないボリュームです。(ただし、他の部分(腕や頭・胸部など)のサイズはほぼ同じ程度)


(スポンサード リンク)

トップに戻る