正面

リックドム_あおり正面

このチョコスナック版は、脚のボリュームが大きく、如何にも「重モビルスーツ」という面持ちです。

本ページ掲載のものは、鳩尾あたりのスジ彫りに、なぞったような跡がありますが、これは私が子供の頃に油性ボールペンでなぞったものです。(極細の油性マジックが無かった)

また右手に汚れがついていますが、これは自作のヒートサーベルもどき(爪楊枝製)に塗った色がついたものです。

我ながら「どこまで適当なやり方をしているのか」と言いたくなりますが、まあ仕方がありません。


トップに戻る

斜め前後

森永チョコスナック版リックドムは、若干下腹部を突き出したような、堂々とした立ち姿です。

本当は背中にヒートサーベルを装着できますが、本ページ掲載のものは、私が入手した時点(※知り合いとの交換で入手)で、既にサーベルは無かったと記憶しています。

リックドム_あおり右前方からリックドム_あおり左後方から

トップに戻る

8方向

モノアイ周囲の深い彫り等、造形は全体的に良い印象です。

リックドム_見下ろし正面からリックドム_見下ろし右前方から

リックドム_見下ろし右からリックドム_見下ろし右後方から

リックドム_見下ろし後ろからリックドム_見下ろし左後方から

リックドム_見下ろし左からリックドム_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

リックドム_自作ヒート剣装着

前述の通り、本来付属しているはずのヒートサーベルが無いので、子供時代の私はつまようじを削って、それらしいものを自作しました。

また色は、当時の私の家に謎のペン(振るとカラカラ音が鳴り、ペン先がフエルト地みたいで押したらジワッとインクが染み出る)で茶色いメタリックカラーのものがあったので、それで塗っています。


リックドム_ヒート剣を振り上げる

可動箇所は、肩関節(腕の前後スイング)と、腰中央に前後方向の軸(体幹部を左右方向に倒せる)のみと、かなり少ないです。

ちなみに本ページのものは、腰内部の軸が既に甘くなっており、写真撮影時に立ち姿を安定させるのにてこずりました。


リックドム_ヒート剣が長い

今更ですが組立図と比べると、ヒート剣が長すぎでした。

しかし、作り直す気力も技能もありません。


トップに戻る

よもやま話

宇宙用に改良されたドム「リックドム」の、森永ガンダムチョコスナック版プラモデルです。

チョコスナックのおまけプラモでは、左右の脚が腰の中でつながっている(逆Uの字型と勝手に命名)構造のものが多いですが、このリックドムもその一つです。

入手経路は先述の通り、私が子供時代に知り合いとの交換で手に入れたもので、破損こそ無いものの、ヒートサーベルが紛失していたのは、やはり残念です。

トップに戻る

完品を入手(2016/6/18追記)

リックドム_完品と並べる(正面)

2014年にある方から、ガンダムチョコスナックのおまけを多数譲り受ける機会がありました。

その中にリックドムの完品もあったので、入手から2年ほど経ってしまいましたが、今回掲載することとします。


リックドム_完品と並べる(背面)

完品の背中には、ヒートサーベルがしっかり付いています。

私のどうでも良い工作とはまるっきり異なるので、安心しました。


トップに戻る


(スポンサード リンク)