正面

プロトタイプ・ドム_あおり正面

このチョコスナック版は、腕が全体的に小さい感じがするものの、全体のフォルムは悪くないと思います。

また造形面でも、顔周りやウエスト部分のエンブレム?等、細部もきっちり作られています。


トップに戻る

斜め前後

プロトタイプ・ドム_あおり右前方からプロトタイプ・ドム_あおり左後方から

股下部分に見える白いケバケバが少し見えていますが、これは、私が子供のときに、股関節が磨耗して甘くなるのを防ぐため、軸に巻いた紙テープがはみ出ているものです。(褌やパンツでは無い)

また同様の理由で、背中のバックパックに取り付けているバズーカの持ち手部分にも、テープを巻いてあります。


トップに戻る

8方向

背中側(バックパック等)もよくできており、森永チョコスナックのおまけの中でも、完成度が高いものという印象です。

プロトタイプ・ドム_見下ろし正面からプロトタイプ・ドム_見下ろし右前方から

プロトタイプ・ドム_見下ろし右からプロトタイプ・ドム_見下ろし右後方から

プロトタイプ・ドム_見下ろし後ろからプロトタイプ・ドム_見下ろし左後方から

プロトタイプ・ドム_見下ろし左からプロトタイプ・ドム_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

プロトタイプ・ドム_バズーカ構えプロトタイプ・ドム_バズーカ構え後ろ

バズーカはバックパックに取り付けるだけでなく、手にもちゃんと持たせることができます。

しかし本ページのものは、腕の付け根関節がかなりユルユルになっており、バズーカを持たせた状態で腕を水平に保つのに手間どりました。

プロトタイプ・ドム_バズーカ構え横

トップに戻る

よもやま話

ドムというと骨太なフォルムが印象的ですが、このプロトタイプ・ドムは試作型という設定のためか、普通のドムよりも細身になっているようです。

本ページの掲載品は、私が子供時代にチョコスナックを買って直接当てたものであり、造形のシャープさや、バズーカがしっかり付属している点で、特に気に入っているものの一つです。

ちなみに本ページの画像では、バックパックに取り付けているバズーカの向きが上下逆になっていますが、このことは画像の撮影後に(現在のバンダイ製プラモデル等の画像を見て)初めて気が付きました。

付属の組立図を改めて確認したところ、そちらではちゃんと、バズーカの砲口が上を向くように図示されていました。

私が子供の頃、勝手に「この方がバランスがいいし、収納に場所も取らない」と判断して取り付け、以来そのままになっていたものと思いますが、写真を取り直すのが面倒なので、本ページではそのまま掲載していることをご了承ください。

トップに戻る


(スポンサード リンク)