正面

ジムキャノン_あおり正面

直線と平面でカッチリと構成されたデザインは、いかにも連邦軍のジム、という感じです。

ちょっと弱そうに見えるのは、垂れ目に見える顔のせいかもしれません。


トップに戻る

斜め前後

この森永チョコスナック版ジムキャノンの脚は、グフ飛行試験型などと同じ、両脚が腰の中でつながった一体パーツの「逆Uの字型」(勝手に命名)です。

その構造が採用されているモデルの中でも、特にこのジムキャノンは、立ち姿が安定してピシッと決まっています。

ジムキャノン_あおり右前方からジムキャノン_あおり左後方から

トップに戻る

8方向

どの角度から見ても、造形・バランスが非常にきっちりしており、この点はチョコスナックのおまけの中でもトップクラスの出来だと思います。

ジムキャノン_見下ろし正面からジムキャノン_見下ろし右前方から

ジムキャノン_見下ろし右からジムキャノン_見下ろし右後方から

ジムキャノン_見下ろし後ろからジムキャノン_見下ろし左後方から

ジムキャノン_見下ろし左からジムキャノン_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

ジムキャノン_キャノン下げ

このジムキャノンは実は、両腕の付け根部分が折れて破損しているので、接着剤で固定してあります。

更にもともと脚が前後に動きませんが、一方で右肩のキャノン砲は、固定式のパーフェクトガンダムガンキャノン重装型と違い、しっかり上下に可動します。

ただ付け根がゆるく、上げてもカックンと下がりやすいです。


ジムキャノン_右に上体を傾けるジムキャノン_左に上体を傾ける

一応、股関節内の軸(前後方向)で、体幹部を左右に傾けることはできます。


ジムキャノン_横から見上げ気味

この角度だと、線が細いジムキャノンもカッコよく見える気がします。


トップに戻る

よもやま話

ジムキャノンの森永ガンダムチョコスナック版ですが、良くも悪くも特に特徴が無く、同じチョコスナックでもジムスナイパーカスタムと比べると、外見的にひ弱さが否めません。

ただ、造形や全体のバランス自体は非常に良くできており、コレクションの一品として確かな存在感はあると思います。

ちなみに本ページの掲載品は、私が子供時代に自分でチョコスナックを買って当てたものではなく、当時の友人と交換して手に入れたものと記憶しています。

トップに戻る


(スポンサード リンク)