正面

ゲルググキャノン_あおり正面

腰から下は太くがっしりしている一方で、体幹部の上半分は細く、また肩から腕にかけて太くなっており、通常のゲルググとはかなり異なるフォルムですが、バンダイのプラモデル等の画像を見ると、このバランス自体は妥当であるようです。

森永チョコスナック版では、腰から下は一体パーツ(前後パーツの貼り合わせ)になっており、脚は動きませんが、他方で腰部分での上体の左右旋回が可能になっています。(ズゴックと同じ)

そのせいもあるのか、脚の付け根の位置が外側に寄り過ぎな気がしますが、これは下腿部のボリュームの大きさに辻褄を合わせるためかもしれません。


トップに戻る

斜め前後

脚が稼動しない(前後パーツを貼り合わせる)タイプによくあることですが、足裏の接地面が平らになっておらず立たせにくいので、写真では踵に紙を挟ませて安静させています。

また腕は一体成型になっていますが、肉抜きは内側(体幹部に向いた面)にしてあるので目立ちません。

ゲルググキャノン_あおり右前方からゲルググキャノン_あおり左後方から

トップに戻る

8方向

腕が大きめで上体が小さい割に、全体的なバランスは良い気がします。

ただ頭と腰の可動部分のガタが大きいため、立ち姿が仰け反り気味になってしまいました。

ゲルググキャノン_見下ろし正面からゲルググキャノン_見下ろし右前方から

ゲルググキャノン_見下ろし右からゲルググキャノン_見下ろし右後方から

ゲルググキャノン_見下ろし後ろからゲルググキャノン_見下ろし左後方から

ゲルググキャノン_見下ろし左からゲルググキャノン_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

ゲルググキャノン_キャノン砲可動

小さいチョコスナック版ですが、キャノン部分がしっかり上下に可動します。

ただしキャノン本体・可動部分ともにかなり華奢なため、破損がちょっと怖いです。

ちなみに掲載品では、磨耗防止のために、可動部分(軸部分)に紙テープを巻いてあります。


ゲルググキャノン_上体ひねり1

(先述したとおり)腰の可動部分では、上体を左右にひねることができます。


ゲルググキャノン_上体ひねり2

ガンダムチョコスナックの中でも珍しい形式ですが、どうしてこの構造が採用されたのかは気になるところです。

ゲルググキャノン_身体をひねって突き?

ただ腰の可動部分のおかげで、他のモデルにはできないポーズを取ることもできます。


トップに戻る

よもやま話

掲載品は私が子供時代に購入したチョコスナックで当てたものですが、全体的なフォルムとピンク色の成型色により、何となく女性的なイメージを持っていました。

そのため本ページの作成時に、バンダイ製プラモデルや完成品の画像を見て、かなりかっこいい造形だったのは意外でした。

またパーツ構成の面でも、他のおまけプラモデルとは一線を画しており、印象深い一品になっています。

トップに戻る


(スポンサード リンク)