正面

ザク強行偵察型_あおり正面

ザクのバリエーション機ですが、直線・平面部分が多く、角ばった印象が強いのが意外です。

このチョコスナック版は、脚が前後パーツを貼り合わせるタイプですが、足裏が1枚の平面になっていないため、立たせた際の安定性が悪いです。

そのため本ページの写真では、踵に紙を挟めて安定させています。


トップに戻る

斜め前後

後ろから見ると、両脚パーツの腰内部の部分が少し見えてしまっているのが、ちょっと惜しい気がします。

ザク強行偵察型_あおり右前方からザク強行偵察型_あおり左後方から

トップに戻る

8方向

ザク強行偵察型は(通常のザクより)大型のモノアイが取り付けられているとのことですが、この森永チョコスナックでも、その点はちゃんと再現されています。

右腰後ろに付いている灰色っぽいものはプラパテですが、私が子供時代に他のプラモの改造をしていた際、何故か関係ない本品に付いてしまったものと記憶しています。

ザク強行偵察型_見下ろし正面からザク強行偵察型_見下ろし右前方から

ザク強行偵察型_見下ろし右からザク強行偵察型_見下ろし右後方から

ザク強行偵察型_見下ろし後ろからザク強行偵察型_見下ろし左後方から

ザク強行偵察型_見下ろし左からザク強行偵察型_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

ザク強行偵察型_銃を構える1

先述の通り脚パーツが左右一体のため、可動部分が少なく、とれるポーズも限られます。

加えて本品では、背中のバックパックから頭部左右に伸びるパイプもあるので、頭部は実質ほとんど動かせません。


ザク強行偵察型_銃を構える2

上方を銃で狙っているところ・・・のつもり。


トップに戻る

よもやま話

両肩のカメラや、上下方向に追加されているモノアイレールが特徴的なMSですが、同じ偵察用機でも、頭部やバックパックがより大胆な形状のフリッパーのせいで、個人的には正直、こちらの偵察型ザクの印象が薄くなってしまっています。

しかし、ボリューム感とメリハリのあるしっかりした造形により、小さなMSVコレクションの一品として、確かな存在感を持っているとも思います。

ちなみに掲載品の入手経路は、私が子供時代にチョコスナックで直接当てたものと記憶しています。

トップに戻る


(スポンサード リンク)