正面

グフ飛行試験型_あおり正面

森永ガンダムチョコスナック版のグフ飛行試験型は、両脚が一体パーツになっている「逆Uの字」タイプです。(※管理人が勝手に命名)

このタイプは脚が前後に動かないので、ポーズの自由度は低いですが、そのぶん股関節部分が甘くなったり破損する不安が無いのは、良い点です。

トップに戻る

斜め前後

グフ飛行試験型はシャープなフォルムが非常に特徴的ですが、このチョコスナックでも、その特徴は十二分に再現されていると思います。

グフ飛行試験型_あおり右前方からグフ飛行試験型_あおり左後方から

トップに戻る

8方向

脚パーツが前後2パーツを貼り合わせる構成で、足裏が一平面に納まっていないため、直立時にちょっと前傾姿勢になってしまいます。

グフ飛行試験型_見下ろし正面からグフ飛行試験型_見下ろし右前方から

グフ飛行試験型_見下ろし右からグフ飛行試験型_見下ろし右後方から

グフ飛行試験型_見下ろし後ろからグフ飛行試験型_見下ろし左後方から

グフ飛行試験型_見下ろし左からグフ飛行試験型_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

グフ飛行試験型_左手で狙う

このチョコスナック版は可動箇所が少ないため、とれるポーズは限られますが、それでもフォルムのシャープさから非常に気に入っています。


グフ飛行試験型_背中の羽根パーツ

また背中の一対の羽根?は別パーツになっており、特にシャープな造形が実現されています。


グフ飛行試験型_飛行ポーズ

子供のときに、このようなポーズ・アングルで飛行しようとしている場面(イラストかジオラマ)を見た記憶があり、チョコスナック版でもそれがちゃんと再現できるのは嬉しいところです。


トップに戻る

よもやま話

私は小学生のときに「コミックボンボン」誌をよく読んでいましたが、その中でもガンダムのMSVシリーズでは、用途を限定したモビルスーツが多数発表されており、印象深い機体が多かったものです。

その中でもグフ飛行試験型は、その名のとおり飛行テストタイプのためか、全体的にピンとしたプロポーションが、強く印象に残っています。

森永ガンダムチョコスナックで、そのグフ飛行試験型のプラモデルが当たったときは、バンダイ製プラモデルを買うには経済的に厳しかった当時の私にとって、手のひらサイズの身近な存在としてこのMSを手にすることができ、特に嬉しかった記憶があります。

トップに戻る


(スポンサード リンク)