正面

カスタムグフ_あおり正面

初っ端から申し訳ないですが、本ページの掲載品は、頭のツノ(アンテナ?)が折れて無くなっています。

元々は頭頂部に、鉛直方向に立ち上がったアンテナがあったはずですが、私が子供時代に破損し紛失してしまったものだと思います。


トップに戻る

斜め前後

チョコスナックでは、ノーマルタイプのグフが(このカスタムグフを含めて)計3種類ありますが、それらと較べると、カスタムグフは頭の大きさが目立ちます。

右手には穴が開いていますが、武器は最初から付属していません。

カスタムグフ_あおり右前方からカスタムグフ_あおり左後方から

トップに戻る

8方向

頭にツノがないと、やはり何か物足りず、我ながら痛恨の極みです。

全身のバランス的には、頭が大きく、下肢が小さめな印象です。

カスタムグフ_見下ろし正面からカスタムグフ_見下ろし右前方から

カスタムグフ_見下ろし右からカスタムグフ_見下ろし右後方から

カスタムグフ_見下ろし後ろからカスタムグフ_見下ろし左後方から

カスタムグフ_見下ろし左からカスタムグフ_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

カスタムグフ_シールド

小さいチョコスナック版ですが、シールドはちゃんと、模様上の彫刻(エングレーブ)が施されています。

ただし覗き穴は、(MS-07C-5と異なり)残念ながら貫通していません。


カスタムグフ_怒る?

脚は左右別パーツで、前後に可動します。

身体のバランス上、図らずも赤塚富士夫の漫画に出てきそうなポーズになってしまいました。


カスタムグフ_左肩関節の修理

実は画像の撮影時に、ふとした弾みで、左肩関節の軸をバッキリ折ってしまいました。

しょうがないので、腕側の軸があった部分にピンバイス(子供時代に使っていたもの)で穴を開け、爪楊枝を適当な長さに切って差込み、応急処置の軸としています。

ただし接着せず差し込んでいるだけなので、撮影時は左腕がプラプラした状態のままでした。


トップに戻る

よもやま話

付属の組立図では、本品の名称は「カスタムグフ」のみの記載ですが、小さいながらも各所に装飾的な造形(エングレーブ)が施されており、子供時代に「コミックボンボン」誌で、このような装飾が施されたグフが「マ・クベ専用グフ」として紹介されていたのを見た記憶があります。

またウィキペディアでは、「グフ(後期生産型)」(形式番号MS-07B)の項の中に「マ・クベ専用グフ」が掲載されており、そこにも機体各所に装飾が施されていた旨が記されているので、このチョコスナック版もマ・クベ専用グフだと思われます。

本ページの掲載品は、子供時代に入手したことは覚えているものの、その経路(チョコスナックで当てたか、友人・知り合いとの交換か)は今となっては記憶に有りません。

ただ装飾付きというユニークな機体だけに、アンテナ・肩関節を破損してしまったのは残念です。

※参考サイト

[1]グフ(Wikipedia)

トップに戻る


(スポンサード リンク)