正面

パーフェクトガンダム_あおり正面

本ページの掲載品はプラスチックが黄色なので、写真だと各部の造形がいまいち判りづらいです。

全体のバランスから見ると、このチョコスナック版は、肩から腕のボリュームが大きい印象です。


トップに戻る

斜め前後

小さいながらも、しっかり「パーフェクトガンダム」です。

パーフェクトガンダム_あおり右前方からパーフェクトガンダム_あおり左後方から

トップに戻る

8方向

後ろ側では腕などの肉抜きが目立ちますが、複雑な形状のバックパックは良くできています。

パーフェクトガンダム_見下ろし正面からパーフェクトガンダム_見下ろし右前方から

パーフェクトガンダム_見下ろし右からパーフェクトガンダム_見下ろし右後方から

パーフェクトガンダム_見下ろし後ろからパーフェクトガンダム_見下ろし左後方から

パーフェクトガンダム_見下ろし左からパーフェクトガンダム_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

パーフェクトガンダム_歩きポーズ

可動箇所は、腕と脚の前後方向のスイング、また頭の左右回転と、チョコスナックのオーソドックスなタイプです。

ちなみに右肩のキャノン砲は固定式で、残念ながら可動しません。


トップに戻る

よもやま話

「コミックボンボン」誌に連載されていた漫画「プラモ狂四郎」で、主人公・狂四郎オリジナルのガンダムとして作中に登場したのが「パーフェクトガンダム」でした。

このパーフェクトガンダムはオリジナル作品以外から登場した「ガンダム」でありながら、後にバンダイからプラモデル化され、関節の可動部分などに当時の最新の技術が詰め込まれていたとのことで(コミックボンボンの特集で読んだ)、非常に強く記憶に残っています。

また本ページの作成時点まで知りませんでしたが、現在でもマスターグレードなどで商品化・販売されているとのことで、懐かしさと驚きがありました。

そのように特別な存在だった「パーフェクトガンダム」が、森永ガンダムチョコスナックのおまけで登場したときはかなり驚き、また実際に当たったときは嬉しかったものです。

そのチョコスナック版は、バランス的に肩から腕・手のボリュームが大きいように感じられます。

またチョコスナックのおまけの場合、腕は前後に分割されたパーツを合わせる構造が殆どですが、このパーフェクトガンダムでは一体成型であり、しかも後ろ側は大きく肉抜きされているのが目立ちます。

それでもこれを手に入れた当時の私は、安っぽさ等を全然感じていませんでした。

トップに戻る


(スポンサード リンク)