正面

ヨーロッパ戦線用グフ_あおり正面

脚が(八の字のように)開き気味なスタンスになっているのは、チョコスナックのおまけでは珍しいと思います。


トップに戻る

斜め前後

指をピンと伸ばした手は、左右で(対称ではなく)ポジションが異なっており、意外な造形のこだわりが感じられます。

ちなみに股関節の軸には、磨耗防止のために紙テープがかぶせてあり(※子供時代の私による措置)、画像ではちょっとはみ出して見えてしまっています。

ヨーロッパ戦線用グフ_あおり右前方からヨーロッパ戦線用グフ_あおり左後方から

トップに戻る

8方向

先述の特徴から、全体的なプロポーションに堅苦しさが少なく、これは森永チョコスナックの中でも非常に珍しいと思います。

ヨーロッパ戦線用グフ_見下ろし正面からヨーロッパ戦線用グフ_見下ろし右前方から

ヨーロッパ戦線用グフ_見下ろし右からヨーロッパ戦線用グフ_見下ろし右後方から

ヨーロッパ戦線用グフ_見下ろし後ろからヨーロッパ戦線用グフ_見下ろし左後方から

ヨーロッパ戦線用グフ_見下ろし左からヨーロッパ戦線用グフ_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

ヨーロッパ戦線用グフ_ガトリング砲を構える1

可動部分は両腕・両脚の付け根に頭と基本的なタイプですが、脚付け根は可動範囲が狭く、歩きポーズは殆どできません。


ヨーロッパ戦線用グフ_ガトリング砲を構える2

しかし手の向きが左右で変えられているので、意外に表情のあるポーズができます。


ヨーロッパ戦線用グフ_両手を挙げる

柔道の試合開始直後のポーズ・・・ではありません。


トップに戻る

よもやま話

このMSの設定については残念ながら、管理人には(ガンキャノン重装型と同じく)全く印象・記憶がありません。

「ヨーロッパ戦線用」という名称は、付属の組立図でも使用されていますが、ネットで調べてみると「グフ重装型」という名称が一般的であるようです。

楽天市場で検索しても、プラモデルや完成品は見当たらず、カードしか見つからなかったので、グフ重装型が正しくはどのようなプロポーションなのかは確認できませんでした。

しかし、太く安定感のある脚や、三角形っぽい(上のほうが細い)プロポーションは、森永ガンダムチョコスナックのおまけでは珍しく、設定は全く判らなくとも、その点でかなり印象深いものです。

※参考サイト

[1]グフ(Wikipedia)
[2]グフ重装型
http://www.kiwi-us.com/~amigo/1000MS/grand/MS-07C-3.htm

トップに戻る


(スポンサード リンク)