正面

MS-06Z_あおり正面

脚部・頭部にはザクの雰囲気が残っていますが、腕・胸が特殊な形状であり、全体としてかなり骨太なプロポーションです。


トップに戻る

斜め前後

背中真ん中のノズルは、小さいながらも別パーツになっており、シャープな造形を実現しています。

MS-06Z_あおり右前方からMS-06Z_あおり左後方から

トップに戻る

8方向

森永チョコスナック最後のシリーズであるためか、造形が非常に良くできていると思います。

MS-06Z_見下ろし正面からMS-06Z_見下ろし右前方から

MS-06Z_見下ろし右からMS-06Z_見下ろし右後方から

MS-06Z_見下ろし後ろからMS-06Z_見下ろし左後方から

MS-06Z_見下ろし左からMS-06Z_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

MS-06Z_歩きポーズ

可動箇所は、腕と脚の前後方向のスイング、頭の左右回転と、チョコスナックのおまけとしてはオーソドックスなものです。

歩きつつ左手をかざしてビームで攻撃・・・というイメージでポーズを取らせてみました。

選挙運動中の立候補者ではありません。
(ツッコミを入れているポーズでもない)


MS-06Z_脚の内転

撮影中に気づいたことですが、このMS-06Zは、脚側の(股関節軸の)軸受け部分が円形の穴ではなく、前後方向に長いスリット状になっています。

そのため右画像のように、若干脚を内転させることができます。
(外転は不可)

チョコスナックのおまけでは他に、ザクUの通常機ジョニーライデン機が、同様の特徴を備えています。


トップに戻る

よもやま話

付属の説明図では形式番号の「MS-06Z」のみが記載されていますが、本来は「サイコミュ試験用ザク」という名称もあったと記憶しています。

この機体は、サイコミュシステムをモビルスーツに搭載するための実験機という設定とのことですが、小さなチョコスナック版でも、太い前腕にグローブのような厚い手をはじめとして、その独特・印象的なフォルムは十二分に再現されていると思います。

ちなみにMSVでは、脚部以外は「MS-06Z」とほぼ同じの「高速起動型ザク」という機体もあり、森永チョコスナックでも同じ第7弾でリリースされていましたが、子供時代の私は残念ながら、お目にかかる機会がありませんでした。

トップに戻る


(スポンサード リンク)