(スポンサード リンク)

正面

リック・ディアス_あおり正面

私はZガンダムチョコスナックのおまけは2種類しか持っていませんが、前作のガンダムチョコスナックに比べると、安定して優れたプロポーションが実現されている印象です。

本ページの掲載品は成型色が赤いですが、特にクワトロ・バジーナ専用機というわけではありません。


トップに戻る

斜め前後

以前のガンダムチョコスナックでは、特にシリーズ終盤に安定した造形のものが多かったですが、このZガンダムの方の造形は、更に洗練されていると感じます。


リック・ディアス_あおり右前方からリック・ディアス_あおり左後方から

トップに戻る

8方向

小さいプラモデルながら、リック・ディアスのボリューム感が十分に出ており、また背中の複雑な構造も非常に上手く作られています。

リック・ディアス_見下ろし正面からリック・ディアス_見下ろし右前方から

リック・ディアス_見下ろし右からリック・ディアス_見下ろし右後方から

リック・ディアス_見下ろし後ろからリック・ディアス_見下ろし左後方から

リック・ディアス_見下ろし左からリック・ディアス_見下ろし左前方から

トップに戻る

各種ポーズ

リック・ディアス_歩きポーズ

可動箇所は、腕と脚の前後方向のスイングに加えて、膝関節が曲がります。

(※バックパックのバインダーも、丸い軸に差し込んであるだけなので一応動く)

ただ足が前後に長いため、歩きポーズが若干取りにくいです。

その点はエルガイムの食玩と似ていますが、こちらのほうは膝関節が動くので、多少は融通が利きます。


リック・ディアス_あお向け

特に意味はありませんが、仰向けにしてみました。

一人では起き上がれなさそうな感じです。


トップに戻る

よもやま話

森永Zガンダムチョコスナックのおまけは、膝関節の可動が新たに採用された分、前シリーズのガンダムチョコスナックよりも、完成後の大きさが一回り小さくなっています。

また動かす楽しみが増えた一方で、膝関節が甘くなって(磨耗して)直立できなくなる可能性が高く、脚部への関節の追加は一長一短という気がします。

本ページの掲載品については、私が子供時代にお菓子を購入して直接当てたものですが、幸いにもさほど膝関節が甘くなってはおらず、普通に立たせることができています。

トップに戻る


(スポンサード リンク)