1980年代の、森永ガンダムなどの食玩・ガチャポン。

ドギルム・正面から

ドギルム_あおり正面

銀河漂流バイファム食玩版・ARV(アストロゲーター・ラウンドバーニアン)ドギルム(識別番号:ARV-G)の正面。

大きさは、

・全高:約37mm(※頭のツノ?まで)
・肩幅:約28mm(※腕の一番外側までだと、約45mm)

となっています。

森永ガンダムチョコスナック等と比べると、やはりかなり小さめです。


このページ「ドギルム(銀河漂流バイファム食玩)」のトップへ戻る

ドギルム・斜め前後から

銀河漂流バイファム食玩ドギルムを斜め前後から。

ドギルム_あおり右前方からドギルム_あおり左後方から

食玩プラモデルとしては小さめですが、造形自体はシンプルながら、かなりしっかりとしている気がします。

ちなみに、写真のプラモデルでは、股関節部分は接着して固定してあります。

(何故接着したかの理由は、既に覚えていませんが・・・)

このページ「ドギルム(銀河漂流バイファム食玩)」のトップへ戻る

ドギルム・8方向から

銀河漂流バイファム食玩ドギルムを、見下ろし気味に8方向から見てみます。

ドギルム_見下ろし正面からドギルム_見下ろし右前方から

ドギルム_見下ろし右からドギルム_見下ろし右後方から

ドギルム_見下ろし後ろからドギルム_見下ろし左後方から

ドギルム_見下ろし左からドギルム_見下ろし左前方から

頭身が低い、ちょっとコミカルさを感じさせるフォルムは、見ていてなかなか飽きないです。

このページ「ドギルム(銀河漂流バイファム食玩)」のトップへ戻る

ドギルム・各種ポーズ

ドギルム_左腕のナックルガンを構える

左腕のナックルガンを構えたポーズ(のつもり)。

このドギルムの可動部分は、

・両腕付け根

・両脚付け根

と少ない(※先述の通り、両脚付け根は接着して固定済み)ですが、フォルムのユニークさには、その欠点を補うだけの魅力があると感じます。

ドギルムの武装などについては、ラウンドバーニアン - Wikipediaに記述があります。


ドギルム_両腕を上げる

両腕を上げさせてみました。

何か「わーい」と喜んでいるように見えてしまう・・・のは、頭部が大きいメカの宿命でしょうか。

(例えば、ガンダムのアッグガイとか)

ともあれ、楽天市場で検索してもドギルムのプラモデル等が見つからなかったのが、ちょっと寂しいです。


スポンサード リンク

このページ「ドギルム(銀河漂流バイファム食玩)」のトップへ戻る