1980年代の、森永ガンダムなどの食玩・ガチャポン。

カバヤ食玩のトゥインクルヘッド

「銀河漂流バイファム」に登場したウェアパペット「トゥインクルヘッド」の、カバヤの食玩(多分チョコレート菓子)プラモデルです。

・・・まあ宇宙服なので、特に目立った特長はありません。

そういえば昔、バンダイからこの「トゥインクルヘッド」のプラモデルが発売されていて、私はそれも持っていました。
(確か前面ハッチが濃いブルーのクリアパーツで、またカチュアの人形が付属していた。)

そのバンダイ製プラモデルと比べても、このカバヤ食玩版トゥインクルヘッドは、全体的なフォルムは決して劣っていない・・・ような気がしますが、なにしろバンダイのプラモデルが私の手元に現存していないので、実際のところ、はっきりしたことは言えません。

トゥインクルヘッド_あおり正面

正面から。

同じカバヤの機甲界ガリアンチョコと同様、プラモデルは小さめで、構造も正直チープな感じが否めません。

でも、全体的にはうまくまとまっているように感じます。


斜め前後から。

細かい部分の造形は簡素です。

また写真では暗くて写っていませんが、実は腰の後ろのスリット部分から、胴体の中が丸見え状態になっています。

トゥインクルヘッド_あおり右前方からトゥインクルヘッド_あおり左後方から

ぐるっと一周。

胴体部分のパーツ(前後に分割されている)の合いがゆるく、隙間が開きやすいです。

トゥインクルヘッド_見下ろし正面からトゥインクルヘッド_見下ろし右前方から

トゥインクルヘッド_見下ろし右からトゥインクルヘッド_見下ろし右後方から

トゥインクルヘッド_見下ろし後ろからトゥインクルヘッド_見下ろし左後方から

トゥインクルヘッド_見下ろし左からトゥインクルヘッド_見下ろし左前方から

トゥインクルヘッド_歩きポーズ

このカバヤ食玩版トゥインクルヘッドは、可動箇所は腕の前後方向のスイングと、脚の付け根が僅かに動くだけと、かなり限られています。

脚の付け根は、スィーベル状の構造になっており、まともに脚らしい動きはできませんが、無理やり歩き(らしい)ポーズを取らせてみました。


トゥインクルヘッド_銃を構える

関節の可動には制限がありますが、銃がちゃんと付属しているのはいい感じです。


トゥインクルヘッド_銃と本体

銃は、グリップ部分が丸棒で、手の穴に差し込むタイプです。


トゥインクルヘッド_100円玉の上に立つ

100円玉の上に立たせてみました。

森永のガンダムチョコスナックと比べると、一回り小さ目の食玩プラモデルです。


スポンサード リンク

このページ「トゥインクルヘッド(銀河漂流バイファム・カバヤ食玩)」のトップへ戻る