1980年代の、森永ガンダムなどの食玩・ガチャポン。

スポンサード リンク

カバヤ食玩・ビーチコンバーのバギー形態と変形過程

カバヤの食玩プラモデル「トランスフォーマー」の「ビーチコンバー」(バギーモード)です。

カバヤのトランスフォーマー食玩というと、軟質プラスチックの「トランスフォーマーガム」が真っ先に思い浮かびますが、このビーチコンバーは、軟質プラスチック製ではなく、プラモデルの大きさも小さめです。

(材質的には、ガチャガチャのZガンダムZZガンダムに近い感じです。)

もっとも「小さめ」と言っても、当ページ掲載のバギー形態で、森永ガンダムチョコスナックと全長が同じぐらいなので、実はボリュームがあります。

変形ギミックがしっかり再現されていることもあり、ぎゅっと中身が詰まっている、という印象です。

ちなみに実は、私はこのプラモデルがカバヤ製だとはっきり確認してはいません。
(また、残念ながら記憶もない。)

ですが、説明書を見ると、丸で囲まれた数字が並んでいる特徴的な表記(箱の窓から、入っているプラモデルの種類がわかるようになっている)があるので、カバヤの食玩で間違いない、と思います。

ビーチコンバー(バギーモード)・右前方から
ビーチコンバー(バギーモード)・左後方から

まずは斜めから。

小さいながらも、バギーの感じが良く出ているのではないでしょうか。

車輪もしっかり回転します。


ビーチコンバー(バギーモード)・見下ろし正面から
ビーチコンバー(バギーモード)・見下ろし右前方から

次に、見下ろし気味に一周。

カバヤの食玩は、(ガリアンはとりあえず置いておいて)やっぱりよくできている、という気がしてきます。

前輪付け根のライト部分が、なかなかいい感じです。


ビーチコンバー(バギーモード)・見下ろし右から
ビーチコンバー(バギーモード)・見下ろし右後方から

運転席のガードパイプの感じも、小さいながらに良くできています。


ビーチコンバー(バギーモード)・見下ろし後方から
ビーチコンバー(バギーモード)・見下ろし左後方から

運転席の後ろ部分も、(エンジン部分なのか何なのか、正直よくわかりませんが)なかなか凝っている気がします。


ビーチコンバー(バギーモード)・見下ろし左から
ビーチコンバー(バギーモード)・見下ろし左前方から

ちなみにステッカーは、貼った箇所の地肌が透けて見えるぐらい薄い材質で、また色も薄めです。


ビーチコンバー(バギーモード)・変形1

ではここから、さっそく変形に入ります。

まずフロント部分を前に引っ張り、スライドさせます。


ビーチコンバー_変形2

次に前輪の軸を中心に、フロント部分を上から前に振り出します。


ビーチコンバー_変形3

フロント部分を伸ばしきり、そしてサイドの腕部分を横に若干引っ張り出します。

(後輪の軸が、腕の付け根になっているような形です。)


ビーチコンバー_変形4

そして最後に、頭を出します。

ここまでくれば、ほぼ変形完了ですが、ページが長くなるので、続き(変形完了状態)はこちらのページへ。


このページ「ビーチコンバー(カバヤ食玩プラモデル)」のトップへ戻る