1980年代の、森永ガンダムなどの食玩・ガチャポン。

スポンサード リンク

龍王丸・正面から

龍王丸_あおり正面

魔神英雄伝ワタルのカバヤ食玩「スーパーワタルガム」版龍王丸の正面。

大きさは、

・全高:約63mm(※ツノ除く)
・肩幅:約90mm

となっています。

変形機構を優先しているためかもしれませんが、鳥や爬虫類のように、両目が左右側面方向に面しており、正面からだと顔の様子がわかりづらくなっています。

また、「魔神英雄伝ワタル」の登場メカ(魔神)は、元々がデフォルメされたデザインですが、この龍王丸は、非常に肩幅が広く、がっしりとしたフォルムです。


このページ「龍王丸(魔神英雄伝ワタル)」のトップへ戻る

龍王丸・斜め前後から

食玩プラモデル龍王丸を斜め前後から。

龍王丸_あおり右前方から
龍王丸_あおり左後方から

正面からの見た目は、正直いまいち(主に顔)ですが、ちょっと角度を変えてみると、各部の形状や背中側の細長い突起部分(頭部のツノ「空神角」(くうじんホーン)や、飛行形態時に尾翼になる「ショルダーパネル」)など、カバヤの食玩らしく、丁寧に作られていると感じます。

また、成形色は白・黒・黄の3色ですが、色合いもカッコよい気がします。


このページ「龍王丸(魔神英雄伝ワタル)」のトップへ戻る

龍王丸・8方向から

カバヤ食玩「スーパーワタルガム」版龍王丸を、見下ろし気味に8方向から見てみます。

龍王丸_見下ろし正面から
龍王丸_見下ろし右前方から

元々が顎をかなり引いたようなフォルムなので、このアングルだと、どうしても顔が見づらくなってしまいます。


龍王丸_見下ろし右から

右前腕外側の穴は、どうやら盾を取り付けるためもののようです。


龍王丸_見下ろし右後方から
龍王丸_見下ろし後ろから
龍王丸_見下ろし左後方から

背面の数多くの突起部分は、やはり見栄えが良いです。

ちなみに背中中央の穴は、飛行形態「鳳凰」時に、シールドを取り付けるためのものです。


龍王丸_見下ろし左から
龍王丸_見下ろし左前方から

左腕の盾「シース・シールド」も、カッチリとした造形で、見ていて何か安心感があります。


このページ「龍王丸(魔神英雄伝ワタル)」のトップへ戻る

龍王丸・各種ポーズ

龍王丸_横顔

龍王丸本文

先も書いたとおり、この龍王丸は、顔が(極端に言うと魚のように)左右の面が横方向に向いています。

そのため、真横から見ると、なかなかカッコよいです。

ちなみに緑色の目は、シールで表現されています。

(胸横の赤い火の玉のような模様や、両肩ブロックの龍の紋章もシールです。)


龍王丸_歩きポーズ

関節の可動範囲自体は、決して狭くはありません(変形する都合上、むしろかなり大きく動く)が、デフォルメ体型のため、どうしても取れるポーズは限られてしまいます。


龍王丸_鳳龍剣を振り上げる

武器「鳳龍剣」(ほうりゅうけん)を振り上げさせてみました。

実は肘関節と肩ブロック内関節、股関節は、軸受けパーツが更に直行軸で回転する2重関節になっており、表情豊かな動きが可能です。


このページ「龍王丸(魔神英雄伝ワタル)」のトップへ戻る

カバヤ「スーパーワタルガム」版龍王丸の説明書

龍王丸_組立て説明書(表)龍王丸_組立て説明書(裏)

この「スーパーワタルガム」版龍王丸は、確か私が高校生のときに買ったものなので、付属の組立て説明書が現存していました。

(ただし、箱は無い)

今になってこの説明書を見てみると、各部パーツや、飛行形態の名称、また簡単な設定(変形時の主人公の掛け声など)もしっかりと記述されており、非常に興味深い資料です。

このあたりにも、カバヤの丁寧な仕事ぶりが感じられます。

スポンサード リンク

このページ「龍王丸(魔神英雄伝ワタル)」のトップへ戻る